HOME > PACかわら版 > 新春顔寄せ会が行われました
社内レクリエーション
2019/03/28

新春顔寄せ会が行われました

PACかわら版

 

2月25日に250人を超える員が集まり、
新春顔寄せ会が行われました。
日本一遅い新年会かもしれません。

1月には年明けのイベントなどで繁忙な事業所もあり、
より多くの社員が集まれるよう、
催事の落ち着いている2月頃に行われるのが通例です。 

村山社長は、 
「こつこつと積み重ねた信頼は何かあると一瞬にして失われます。 
毎日毎日の業務を丁寧に行うことが大事です。 
来年の会社設立50周年に繋げて行きましょう。」
会社設立50周年に向けて、
「高度な技術と高い付加価値を提供する」会社を
引続き目指していこうと力強く挨拶しました。

また、社内公募より選考された
50周年記念キャッチコピーとロゴマークを
採用となった作品を制作した社員に、 
賞状と金一封が社長より手渡されました。

 

これまでの50年に感謝を

 これからの50年に感動を 

 

 

 

 

乾杯の後に賑やかに会は進行しました。
社員は基本的に各事業所に配属され、
社員達が他の事業所の人と会う機会はあまり多くはありません。
久しぶりに顔を合わせる仲間と再会を懐かしんだりしています。

 

 


 

 

ほんのひととき、きびしい現場を離れ、
新人、若手、ベテランなど社歴、年齢、男女に隔たりなく、
役員と社員も隔たりなく、
楽しい時間はあっという間に過ぎ、
お決まりの?二次会へと流れた社員も多いようです。

 

 

 

 

㈱パシフィックアートセンターは、劇場、ホールの舞台設備、照明、音響、映像まで舞台技術をトータルサポートする会社です